中古車を売る際に必要な書類

中古車を売る際に必要な書類

中古車の買い取りを依頼して、実際に手続きに入ると、どんなものを準備すればいいのでしょうか。買い取り価格の見積もり時にも準備しておくと便利なものですから、一通り把握しておくようにしてください。そして見積もりから実際に売却が完了するまでをスピーディーに行なえるなら、買い取り価格が下がらないようにできます。焦って決定する必要はありませんが、業者としてもできるだけ早く決めてくれるなら少し価格アップさせる、というケースがあります。即決することはそれなりに評価してくれるかもしれないのです。

 

買い取り会社に車を売却する場合に必要な書類は、まず車検証です。現住所や氏名がちゃんと合致しているか気をつけましょう。通常なら問題ないものですが、引っ越ししたのに変更していなかったとか、結婚したのに変更できていなかった、ということになるとややこしくなります。そして印鑑登録の証明書、自賠責保険の証明書、自動車税の納税証明書、そして実印です。

 

必要不可欠な書類に加えて、準備しておくとよいものもあります。まず車の説明書です。これをきれいな状態で保管しておくと、プラス査定となる場合があります。そしてスペアキーも渡しましょう。車検証に加えて、整備記録を分かりやすくまとめておくことも、買い取り価格アップに貢献するようです。これがあれば車の状態を正確に把握できますし、買い取る側も安心することができます。そしてもし、取り外した純正パーツがあるなら戻しておきましょう。

中古車査定無料サイトトップへ戻る図



更新日 2015年3月6日